代表挨拶

辻本 奈々
代表取締役

「個性を育み、違いを認め合う社会へ」

 

手作りコスメ講座を長年おこなってきて、手作りコスメは個性を楽しむツールだと感じています。
色・香り・使用感などを自分の好きな仕上がりにできる手作りコスメ。
グループワークでは、全員違うオリジナルコスメが完成します。
この出来上がった時の感動が、自分の個性を実感しより大切に育む時間になっています。


個性を育むことで、他者との違いを認め合える多様性の社会へ繋がると考えています。

手作りできることを知ると、選択肢を増やすことができます。
花粉の季節、肌が弱っている時だけ手作りしたスキンケアでシンプルに肌休め。
お気に入りの口紅が廃盤になってしまった時、手作りでその色を再現する。
そんなことが可能になります。

手作りする手間は掛かりますが、
手作りコスメは、自分と向き合い個性を感じることができる時間。

性別、年齢、嗜好に関係なく誰もがスキンケアやメイクを思いっきり楽しめる社会にしていきます。


なぜ手作りコスメなのか?

 

この質問は創業当時からよく聞かれます。

私自身、小学3年生でニキビに悩み始めました。
赤ら顔などの肌トラブルも多く、
中学1年生の夏にニキビ治療で訪れた皮膚科で、手作りコスメという存在に出会いました。

以来、23年間手作りコスメでスキンケアやメイクをしています。

だから、私のとっては作るが当たり前のコスメ。
しかし、多くの人がは購入することが当たり前です。
だから、化粧品が手作りできることを知らない人が多いと思います。

まずは、手作りコスメという存在を知って貰い体験して貰う。
手作りコスメ講座開催を中心に活動をしてきました。
でも、そこで分かったのは手作りコスメを始める・続けることが大変という事実でした。

そこで、手作りコスメをもっと身近な存在にして、気軽に楽しく続けて貰う仕組み作りを、
NAANOでは行っていきたいと考えています。

手作りコスメキットで世界を広げる

その一つが、手作りコスメキット事業です。


ただキットを使って手作りコスメを楽しむだけではなく、
学びや行動と融合させることで様々な展開が出来ると考えています。

手作りコスメの計量や混ぜる作業は、リハビリにも効果があるとされており、
実際に高齢者施設などで人気の体験メニューとなっております。

手作りコスメキットで、教育や地域おこしなどに貢献して参ります。